She is worry

役割とは

a woman is thinking

日本の避妊具といえばコンドームが主流となっていますが、それ以外にも豊富な避妊具が存在しています。海外では男性用避妊具だけではなく、女性用の避妊具がよく使用されています。アイピルというのはアフターピルとも呼ばれている緊急用の避妊薬となります。妊娠を望まず性行為をするという場合に最適な薬です。
通常、妊娠を望まない場合にはコンドームを装着します。コンドームも避妊成功率は高いアイテムではありますが、ときに破れてしまう、外れてしまうことがあります。そうなれば当然妊娠の可能性が出てきます。
そうなれば、妊娠しているかどうか確認できるまでの間、不安に襲われてしまいます。
こういった際に活用できるのがアイピルです。

アイピルは、性行為後72時間以内に服用することで避妊効果が得られる薬です。膣内に射精された場合、受精卵が誕生します。これが子宮に着床すれば妊娠となりますが、アイピルを服用していることで子宮内膜を剥がし、着床できない状態にします。そうすると、受精卵ができたとしても妊娠することはできません。これがアイピルの仕組みです。

アイピルは性行為後72時間以内に服用すれば避妊できますが、飲むタイミングが早ければ早いほど高い効果を得ることができます。ですから、できるだけ性行為後24時間以内に服用することをおすすめします。

いつ、何があるかわかりませんし、女性は自分の体を守るためにもアイピルは常備薬としてポーチに潜ませていると良いでしょう。