She is worry

周期コントロール

the capsules

アイピルを服用したことがなくても、どういったものなのか?女性であれば知っている人も多いでしょう。
アイピルは避妊に失敗してしまったという場合でも性行為後に服用すれば避妊効果を得ることが出来るお薬です。
避妊薬として服用するということは一般的に知られている知識ですが、実は避妊薬以外としても活用することができます。

では、アイピルというのは緊急避妊薬以外にどのような活用方法があるのでしょうか?
それは「生理が訪れるタイミングのコントロール」です。アイピルというのは、服用することで子宮内膜を剥がし、生理と同じ現象を起こさせます。つまり、服用するタイミングを調節すれば生理を早める・遅くするということが可能なのです。
生理が来るのを早めたいという場合には、排卵前に服用し、生理を遅くしたいという場合には排卵後に服用します。そうすることで、生理が訪れるタイミングを自由にコントロールすることができます。
生理が来る時期をコントロールする必要はあるのか…?そう思っていませんか。
もし、あなたの生理が来るタイミングで彼氏と旅行、友達の結婚式、あこがれの人とデート…となれば、生理は避けたいですよね。こういった場合にアイピルが活用できるのです。

また、アイピルを服用して生理のタイミングをずらしたとしても、生理が終われば再びいつもの生理周期に経血します。ただ、アイピルというのは避妊薬としても周期をコントロールするとしても、あくまで緊急用のお薬となりますので頻繁には服用しないようにしましょう。