She is worry

副作用はあるか

the colorful pills

アイピルというのは1度服用するだけで避妊効果を得ることができます。ピルの中でも非常に高い効果を持っているのです。しかし、アイピルというのは効果が高い分、副作用が起こる可能性が高いのです。
どういった副作用が起こるのか?人によって異なります。吐き気、悪心、頭痛、倦怠感、めまい…というように服用してみなければ、どういった副作用が起こるのかはわかりません。これらの副作用というのはアイピルを服用すると徐々に起こります。ただ、数時間~数日の間で症状は治まります。

副作用の中でも特に「吐き気」を感じる女性が多いと言われています。アイピルを服用した約20~30%の女性は気分が優れなくなるそうです。ずっと続く症状ではありませんが辛いでしょう。そういった場合には、市販の酔い止めも一緒に服用すると良いでしょう。
また、どうしても吐き気が抑えられないという場合には吐きましょう。ただ、アイピルを服用してから2時間経過していないということであれば薬の作用が体に効いていませんので、再び服用しましょう。
酔い止めさえあれば、吐き気を抑えることができますので、不安な人は最初から一緒に服用しておくと良いでしょう。

アイピルの副作用が怖い、不安…ということであれば、低用量ピルを服用するようにしても良いでしょう。低用量ピルであれば毎日服用する必要はありますが、副作用はほとんどありませんので安心して服用を続けることができます。

アイピルは病院でも個人輸入代行業者でも手に入れることが出来ますが、緊急用として服用するものなので早めに手元にある状態にしておきましょう。